先端技術を駆使したスマートシティー(次世代都市)のモデルとして、羽田空港近くに整備された大型複合施設「羽田イノベーションシティ」(東京都大田区、略称・HICity〈エイチ・アイ・シティ〉)が18日、本稼的に稼働した。自動運転バスの循環運行(1周約1キロ)や、警備、配送など多様なロボットの実証実験もスタート。来場者らは未来の技術などを体験した。 

関連記事

  • 新着記事
TOP