ハウステンボス(長崎県佐世保市)が2017年1月からロボット事業を本格的に展開することが、本誌の取材で分かった。世界初のロボットによるフロント対応業務を実現した「変なホテル」での運用ノウハウなどを活用。ホテルや商店などでの接客や家庭などで活用できるロボットを国内外のメーカーとともに開発して提供していく方針だ。

関連記事

  • 新着記事
TOP