国立研究開発法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施している「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」へ、パートナー各社並びに大学と共同で提案を行った結果、委託先として採択されました。ハピロボは「レストラン向け共働ウェイターロボットの研究開発」を担当し、「接客ロボットの実現」を目指します。

関連記事

  • 新着記事
TOP