エイチ・アイ・エス(HIS)グループは17日、遠隔操作などができる個人用の小型ロボットを11月から販売すると発表した。自律走行やモニター画面を介した人との対話などができる。離れた場所からもスマートフォンを通じて操作ができる。パルコの店頭や大和ハウス工業の住宅事業などを通じて売り込む。

  パーソナルロボット「temi(テミ)」は、HISのグループ会社でロボット開発を手掛けるhapi-robo st(ハピロボ、東京・世田谷)が11月から売る。米国のtemi社と販売契約を結んだ。日本語対応など日本向けの仕様変更はハピロボが担った。

関連記事

  • 新着記事
TOP