ハウステンボスの子会社でロボット事業を手掛けるhapi-robo st(ハピロボ)は2019年10月17日、テレプレゼンスロボット「temi(テミ)」の正式販売を2019年11月1日から開始すると発表した。販売価格は29万8000円(税別)。個人・法人の両方に売り込む。ハピロボの富田直美社長は「脱炭素社会の実現、働き方改革、少子高齢化など、日本が抱える問題をtemiが解決する」と自信を示した。ハピロボが想定する販売台数は初年度で5000~2万台である。

関連記事

  • 新着記事
TOP