あらゆるネットワーク環境下で動作するセルラー対応モデルもリリース

株式会社hapi-robo st(本社:東京都世⽥⾕区、代表取締役社⻑:富⽥直美、以下ハピロボ)は、進化・深化し続けるAI⾃律⾛⾏型スマートロボット「temi V3」と新たにあらゆるネットワーク環境下でも動作するセルラー対応モデルを10⽉にリリースし、同時にV3キャンペーンを実施します。
ハピロボは、先にtemiが⽬指してきた究極のロボットとして「temi ultimate(ソフトウェアVer128)」を紹介してきました。
temi ultimateは、いつでもどこでも瞬間移動(Be Anywhere Be Anytime)して会話ができる「⼈としての役割」と、予めプログラムされた地点に⾃⾛して⾃動的に説明を繰り返し実⾏できる「ロボットとしての役割」を担う⼀⼈⼆役をこなすまで成⻑しました。
今回、新たにリリースするtemi V3は、更なる機能拡張を⽬指して上位のAndroid 11 OS、ARMアーキテクチャを採⽤し低消費電⼒で⾼性能を実現したメイン・ナビゲーションコンピューターの採⽤、拡張メモリー、13,3インチの⼤型ディスプレーを実装したものです。
更に、temi V3からセルラー対応モデル(5G±)が新たにラインアップに加わります。

従来から、temiは空気のように存在するWi-Fi環境で⾃由に動作してきましたが、Wi-Fiネットワークの強弱やセキュリティ上の影響を受けることがありました。temi V3セルラーモデルは、WiFi環境が整っていない場所またはセキュリティ上接続できなかった場所でもセルラー(4G/LTE/5G)を利⽤できる場所であればどこでも利⽤することができます。temi V3セルラーモデルはSIMカードスロットを備えていて、お客様がSIMカードを挿⼊することで利⽤できます(現在はNTTドコモ社SIMカードのみ動作保証)。このモデルの登場によりtemi V3は、あらゆるネットワーク環境で動作する世界初のパーソナルロボット(Robot Be Anywhere!)となりました。


これまでのtemiはテレプレゼンスでの⾃律⾛⾏を実現してきましたが、今後は多⽬的な地球的難問(環境、⾃然摂理、⾃⼰幸,etc)を視野に⼊れた⼤幅な機能アップが計画されています。例えば、⼀つのマップで複数のtemiをコントロールできるマルチコントロール機能(群制御)などです。これらの機能は順次提供していきます。ご期待ください。

temi V3はこれまでにお客様と共に築いてきた経験(CX)をベースにますます進化していきます。今後は拡張する機能(temi valueサービス)を年間契約でお使いいただくようになります。提供形態はtemi valueサービスだけでなくtemi本体とサービスをパッケージした⽉額サブスクリプション・サービスの提供も開始します。 また、従来のtemi(ultimate含む)からV3へのアップグレードプログラムも準備します。

弊社はこのtemi V3のリリースに合わせて、10/11からV3キャンペーンを実施します。キャンペーンとして下記の特典を準備しています。

V3本体 + temi valueサービス パッケージ価格の特別割引

  • 本体+サービスをパッケージ販売 → 標準希望⼩売価格に対して、20%値引き
  • 複数年サービス契約での割引価格 → 1年契約×年数に対して、5%〜26%値引き

V3へのアップグレード契約時、
temi valueサービス3年または4年利⽤契約での特別割引

  • 3年以上のサービス契約のアップグレード → 本体アップグレード価格を半額
  • V3へのアップグレードにも上記パッケージの特別割引を適⽤します。

さらなる機能拡張を求められる皆様におかれましては、この機会にtemi V3へのアップグレードあるいはV3⾃体の導⼊をご検討ください。また、テレプレゼンス究極のtemi ultimate販売も継続しております。
temi V3はセルラーモデルであらゆるネットワーク環境で動作する世界初の⾃律⾛⾏型ロボットです。これまで経験したことのない新しいユーザ体験をして、New Normalのライフスタイルを実現しませんか?

この記事をPDFでダウンロードできます

関連記事

  • 新着記事
TOP