ハウステンボス(長崎県佐世保市)はパーク全体の建物や道を3次元データ化し、ロボットや自動運転、ドローン(無人飛行機)などの活用を大幅に増やす。空間の位置情報をすべてデジタル化することで、センサーの情報と照合し、多数の来場者が訪れるパークで安全に運用できるようにする。秋にも案内と移動の両方をこなすロボットの実証実験を始める計画。

関連記事

  • 新着記事
TOP